活動報告

2016年09月16日

徳島県南部・西部地区会

 平成28年9月15日(木) 徳島県南部地区会(阿南市、山上晋輔会長)及び同県西部地区会会議(鴨島町、広岡文昭会長)に出席して参りました。徳島県は、合区という難しい問題を抱えながらも本当に素晴らしい成果を挙げていただきました。
 会議では、後援会活動等の取組事例の発表がありましたが、4月以降の土日の休みは1日もなく、やればやるほどまだあそこも行っていないと心配がでてき、開票日に目標以上の成果を挙げることができ、やっとプレッシャーから解放されたとの話を伺い、頭の下がる思いがしました。発表の中にありましたが「素直に、実直に、コツコツと取り組んでいただき」ありがとうございました。
一方で、参加した皆さまからは、少子高齢化、人口減少という厳しい状況の中で、郵便局経営に不安があるとか、公共性と企業性との兼ね合いの中で、山間過疎地にある郵便局をどう維持していったらよいのかといった切実な問題提起も受けました。政治が関係する問題もありますし、会社経営上の問題もありますが、皆さまの要望を真摯に受け止め、これからしっかり勉強をしていきたいと考えております。

2016年09月12日

埼玉県中部地区会

平成28年9月12日(月) 埼玉県中部地区会(吉田 正信会長)の会合に出席して参りました。同地区会は、さいたま市内の大半と上尾市や北本市といった都市部地域にあって、1局平均約26票と大変健闘していただきました。
当日は他に予定があり、短時間しか会場におれませんでしたが、また機会がありましたら、この次はもっとゆっくりと皆さまの声を聞かせていただきたいと思っています。

2016年09月11日

郵政政策研究会九州地方本部合同会議

平成28年9月11日(日) 「地区会政治対応理事等会議」、「郵政政策研究会九州地方本部及びとくしげ雅之九州地方本部後援会合同会議」に出席してきました。地震や豪雨被害があった中でも集中して取り組んだ話やマネジメント単位を小さくして、活動を把握しやすくしたなど、3年後に繋げていくための有意義な議論が活発に交わされていました。

2016年09月11日

熊本地震被災地視察

平成28年9月11日(日) 熊本地震で被害の大きかった南阿蘇村の立野郵便局、西原村の西原郵便局、益城町の惣領郵便局を訪問、被害状況を見てきました。前日の熊本中部地区会の会合で、宮下 民也会長さんから被害状況や風化させることなく、関心を持って取り組んでほしいといった要望を受けていましたが、地震から5か月経過した現場を見てみますと、新聞やテレビで見ている姿とは大きく違っていました。
家屋は倒壊あるいは半倒壊のままで放置されており、後片付けが終わったところは、ほんのわずかしかなく、まだまだ復興は道半ばとの印象を強く持ちました。
なかでも南阿蘇の中腹にある立野郵便局では、住宅の倒壊と断水が続いているため、住民の方が戻ってこれない厳しい現実の中で、営業を続けているご苦労に頭の下がる思いがしました。

2016年09月10日

熊本県南部地区会研修会

 平成28年9月10日(土) 朝8時10分の熊本行の飛行機に搭乗し、熊本空港からは、九州自動車道を南下し、途中23か所の山間のトンネルを通りぬけ、約1時間30分をかけて、人吉市で開催されました熊本県南部地区会研修に出席して参りました。
 途中、高速道路の下を走る一般道には、山あいに住宅が点在し、集計結果のデータでしか知らなかった球磨郡山江村や相良村の局長さんがこういう地域で頑張っておられるのということを肌で感じてきました。
 相良村にある川郵便局の田中博美局長さんからは、ゼンリンの住宅地図がボロボロになるまで訪問活動をし、節目の目標に到達すると、心が折れないように自分を励ますために、地元名産のウナギを食べては、元気をつけているといったホロリとくるようなお話も聞かせてもらいました。

このページの先頭へ