活動報告

2017年06月25日

日本陸上競技選手権大会

2017年6月25日(日) 大阪の長居陸上競技場で、日本陸上競技選手権大会が行われ、日本郵政グループ女子陸上部の鈴木選手、鍋島選手、関根選手が女子5000mに出場しました。
徳茂も、多くの応援団と一緒に、真っ赤なTシャツを着て応援しました。
雨も上がり、コンディションも上々。第2コーナーを、赤い大応援団が陣取り、選手が近づいて来るたびに、「頑張れアユコ」「頑張れハナミ」「頑張れナベシマ」とバルーンをたたいて声援します。ゴールでは、鍋島選手が鈴木選手を抜いて2着、鈴木選手が3着でゴールしましたが、電光掲示板にトップゴールの選手が「OPN(オープン参加)」と表示され、優勝と分かり観客席も大騒ぎでした。
試合後に高橋監督が観客席にあいさつに来られ、徳茂が近畿支社長当時に一緒に走っていた20名余りのJP走ろう会メンバーと記念撮影をしました。

このページの先頭へ