とくさんの永田町日記

2017年05月16日

本日は、当初GW前に予定していた財政金融委員会における金融商品取引法改正案の法案審議です。
今回で、議員になって7度目の質問です。33分の時間配分をいただきましたが、昼休みを挟んで午前中に20分、午後に13分とやや変則な持ち時間となりました。
金商法に関する一般質問と法案関連質問に加えて、5月9日に報道発表された商工中金の不正問題も冒頭取り上げました。
また、一般質問では、特に企業の内部統制について掘り下げて質問しました。徳茂は、かんぽ生命に在任中、民間資格ですが金融内部監査士という内部監査の認定を受けており、その当時にいわゆる内部統制やガバナンスについて自分なりに突っ込んで勉強したこともあり、よい機会と考えて質問しました。
法律の改正内容については、質問時間は13分でしたが、この質問をするために、実は結構時間を費やして入念に準備しています。
例えば、今回の法律案の概要(参議院調査室作成の80ページもの)のほか、もともと10年前に金商法ができた当時の資料をHPなどで検索して調べ、読み込みます。
その後、今回の改正の背景を、金融庁の金融審議会の資料等で調べるとともに、衆議院での審議の概要を議事録で調べ、どのような議論がどのような観点で行われているか調べます。
その上で、自分なりに質問のストーリを組み上げ、発言メモを作成する中で質問項目を作成し、委員会の2日前までに金融庁などの関係部局の補佐クラスに来てもらっていわゆるレクを行います。
その後、質問項目を委員会の前日に提出し、A4で3枚程度の委員会で使用する発言メモを仕上げて、何度が読み返して準備を終えます。
たった13分の質問のために、おそらく自分なりには10時間程度はかけていると思いますが、このほか、特に金融関係については、毎朝日経など新聞各紙を切り抜いたり、金融財政事情や東洋経済などの経済雑誌、金融庁、日銀などの広報資料、金融経済に関わる書籍などで日頃からの情報収集も必要です。このほか、金融関係の部会や調査会があれば、必ず出席してその場で確認が必要なことは質問するなど、事前準備も大切です。
よく、秘書が質問事項を役所と調整して作成したメモを読み上げるだけと思われるかもしれませんが、自民党では、多くの議員は、このように本人自身がしっかり勉強して対応しています。

2017年05月15日

本日は、行政監視委員会での初質疑。
行政監視は、決算と並び、行政に対するチェック機能を果たす参議院の重要な役割とされて重きを置いています。
行政監視委員会における自民党の新人議員は徳茂だけなので、今国会で実質最初の委員会で、トップバッターで質問させていただきました。
当初40分の持ち時間を30分に短縮して、総務省関連に絞って、行政評価の取組み、4K8K放送の推進、ふるさと納税について質問しました。

2017年05月10日

本日は、8時から党本部で消費者問題調査会があり、消費者白書等の説明がありました。
白書といえば、何かお堅いイメージがありますが、実は各府省が最近1年間の行政の取組状況をまとめたもので、一般向けにわかりやすくできています。
消費者問題は、特に若者はネットやスマホなどに関することが顕著であるなど、最近は年齢や性別によって動向が大きく異なっていることから、消費者庁に対してきめ細かい対応するよう発言させていただきました
10時から議了案件の本会議があるため、調査会を途中で退席して、国会対策委員会、議員総会に出席して、本会議。
続いて、都議選に向けた会議に出席するため再度党本部にとんぼ返り。
午後は、政治倫理・選挙制度特別委員会で法案審議と採決。いつもは、本会議場のある本館ではなく分館で開くのですが、今回は決算委員会が行われた本館内会議室でした。
採決に入ると、委員長から「賛成の議員の起立をお願いします」との発言。
いつもは挙手で採決を行うので、ちょっとびっくりしてあわてて立ったため、自席の机を前に倒しそうになりました。
事務室にもどって、来週月曜の行政監視委員会の質問準備のため、関係省庁と打合せを行い、夕方は毎月開催している同期当選組の勉強会と、充実した一日でした。

2017年05月9日

本日は、予算委員会で集中審議。当番のため久々に予算委員会が行われる第1委員会室に入りました(小ネタですが、衆議院では「第1委員室」と呼びます。)
NHKのTV入りでしたが、バックベンチで待機している姿が少し映ったようです。

2017年05月8日

GWも終わり、本日からさっそく国会再開です。
よく、衆議院は予算主義、参議院は決算主義と言われますが、PDCAでいえば、衆議院が法案や予算のプラン(P)を、参議院はチェック(C)を重視することが二院制の特徴です。
参議院では、決算だけを審議する決算委員会を設けており(衆議院は決算行政監視委員会)、連休の前後に各府省決算を数回に分けて丁寧に審議します。
徳茂は、決算委員会の委員ではありませんが、総務省決算について是非質疑をしたいということで与党理事に申し出て、今回質疑させていただくことになりました。
これまで、財政金融委員会での質問しか経験がありませんので、席のレイアウトなど質問に立ってみると新鮮で、トール社、政府保有株売却、新規業務認可申請、マイナンバー制度など、30分間充実した質疑を無事終えることができました。
来週は、行政監視委員会での質疑も予定しています。

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ