2018年11月6日(火)市ヶ谷の日本棋院で、囲碁振興議連の定例会がありました

市ヶ谷の日本棋院で、囲碁振興議連の定例会がありました。
柳本会長から、先日韓国で行われた日中韓の議員による交流囲碁大会の報告かあり、来年は中国、オリンピックの年に日本で開催するとのことでした。
指導碁は、前回も指導いただいた星合女流棋士。
徳茂は、後藤田先生、江島先生と一緒に3面打ち。後藤田先生から、置碁ではなく互先(たがいせん、ハンデなし)で打った方が良いとのアドバイスがあり、プロとは初めて互先で打たせていただきました。
互先の方が打ち慣れていることもあり、終局後は星合先生から前回よりも良かったとの話をいただきました。

安倍総理と握手

臨時総会での一場面



SSL GMOグローバルサインのサイトシール



公式サイトの確認方法
PAGE TOP