2018年12月7日(金)国会対策委員会、議院運営委員会、議員総会、本会議が開催されました

いよいよ法案質疑も山場。
国会対策委員会、議院運営委員会、議員総会の後、10時から本会議。
まず、昨日出された法務委員長と農水委員長解任決議の討論、採決。
議事の進行を遅らせるため野党議員による趣旨説明や討論を一定時間に制限するための動議があり、最初の記名投票。
続いて法務委員長の解任決議を記名投票で否決した後、農水委員長の解任決議も同様、2回の記名投票。
趣旨説明が時間オーバーし、13時過ぎに本会議が一旦休憩。
本日は、国会対策委員は終日待機のため、国対事務室に戻り法務委員会の開会を待ちます。
本会議中に与野党議運理事間でもみ合いがあり大幅に委員会開会が遅れ、20時半に委員会開会とのことで委員会室に入ると、総理問責決議が出されたため、再度本会議を開くことに。
21時50分に議院運営委員会を開き、22時10分から本会議。総理問責決議の趣旨説明、採決で23時30分頃本会議が一旦休憩。
日付が変わるので、法務委員会は24時過ぎにようやく再開。いよいよ入管法の採決です。
与野党議員が委員会室を埋め尽くし、討論の後、横山委員長が採決に入ろうとすると、野党議員がマイクや原稿を奪い取ろうとし、委員長席の周りはもみくちゃ。
なんとか採決、附帯決議が行われ、法務委員会で可決し、本会議に緊急上程されました。
24時45分に議院運営委員会に出席し、いよいよ25時20分から本会議。
議了案件の採決の最後に入管法の討論と採決。
入管法の採決が終わったのは28時を過ぎ、朝5時に議員会館の事務所を出て19時間国会の中にいました。

安倍総理と握手

臨時総会での一場面



SSL GMOグローバルサインのサイトシール



公式サイトの確認方法
PAGE TOP