2020年6月21日(日)ライジング出版から「BICYCLE21」という自転車雑誌に掲載されました

本日、徳茂が事務局次長を務めている超党派の自転車活用推進議員連盟を代表してのインタビュー記事が、ライジング出版から※「BICYCLE21」(外部のウェブサイトに移動します)という自転車雑誌に掲載されました。自転車との出会い、議連事務局としての活動、地域おこしとしての自転車の役割やフレーム切手の発行など郵便局との関わりなどについてカラー写真もふんだんに盛り込んで3ページにわたって掲載されています。
自転車議連は、与野党を超えた超党派の議連で、4年前には自転車活用推進法を議員立法で成立させ、以来自転車専用レーンの設置、シェアサイクルの普及、駐輪場問題、自転車保険の普及など、自転車を基本とした幅広い取組みを行ってきています。
とりわけ健康ブームから自転車を活用した地方創生に取り組んでおり、全国350を超える市町村が自転車を活用した街づくり推進市区町村長の会に加盟され、サイクルツーリズムなど地域の活性化に自転車を取り入れています。
また、ナショナルサイクルルートとして、つくば、琵琶湖、しまなみの3箇所が指定し、本年4月には記念のフレーム切手を発行しました。
また、徳茂は日頃電車通勤していますが、今般の新型コロナ対応で、リモートワークや時差出勤とともに自転車通勤が再認識され、何度かドコモのシェアサイクルを利用しましたが、随分自転車利用が増えた印象です。

 

安倍総理と握手

臨時総会での一場面



SSL GMOグローバルサインのサイトシール



公式サイトの確認方法
PAGE TOP