2021年11月25日(木)年末に向け、補正予算や来年度税制改正、来年度予算のあわただしい時期になりました。

年末に向け、補正予算や来年度税制改正、来年度予算のあわただしい時期になりました。
本日は、まず8時半から党本部で地方創生実行統合本部。
岸田内閣が掲げるデジタル田園都市国家構想を支える情報通信インフラ基盤としての光ファイバと5Gの整備の重要性について発言しました。
続いて、新た資本資本主義実行本部の初会合に出席。
さらに、11時から総務部会。
補正予算には、郵便局におけるマイナンバーカード利活用推進事業として新たに1.2億円の予算が計上されており、徳茂からは、デジタル田園都市国家構想を支える上でマイナンバーカードは不可欠であり、郵便局の価値を高める上でも本事業の実現に向けしっかり取り組んでほしい旨発言。
続いて税制改正では、5G投資促進税制について本年度末で期限が到来することから、2年前の税制改正当時の状況を思い起こし、この税制があまり活用されておらず、是非延長とともに使い勝手の良い制度となるよう見直しをお願いしたい旨発言しました。
午後は13時から、内閣第一第二合同部会。
補正予算に関して、地方創生臨時交付金について、全国知事会からの要望を上回る額を計上しており事務方の取組みを評価するとともに、弾力的な予算の使用が可能となるよう発言。
また、本日は地方創生実行統合本部とバッティングして出席できませんでしたが、CLT(直交集積木材)で地方創生を実現する議員連盟が開催され、CLTの活用事例として、千葉県丸山郵便局が紹介されました。

菅総理と握手

臨時総会での一場面



SSL GMOグローバルサインのサイトシール



公式サイトの確認方法
PAGE TOP