2021年2月15日(月)総務部会・過疎対策特委合同会議に出席

本日は、夕方党本部で総務部会・過疎対策特委合同会議が開催され、新過疎法の法案審査に続いて、地方分権一括法の総務部会関連事項について法案審査。
一括法については、徳茂から唯一発言させていただき、住民票や戸籍謄本等の代理人による代理請求については法律改正事項ではないが、総務省には法務省との調整にしっかり取り組んでいただき、実現することができた旨発報告し、法案に盛込まれた郵便局における転出届や印鑑登録廃止申請の受付等の自治体事務の拡大について了承されました。
今後、総務部会、内閣部会合同部会で審査の上、党政審・総務会、与党協議会の手続きを経て、改正案が国会に提出されることになります。

菅総理と握手

臨時総会での一場面



SSL GMOグローバルサインのサイトシール



公式サイトの確認方法
PAGE TOP